パネル展「ガラス乾板からよみがえる100年前の豊田の風景」

日野市郷土資料館が調査を続けている、豊田村旧名主の山口家の文庫蔵から、大正10年(1921)年~15年頃に撮影されたとみられる181枚のガラス乾板写真が見つかりました。         豊田駅や関東大震災の被害など、およそ100年前の豊田の風景や暮らしがわかる写真20点を厳選して紹介します。

会期:9月8日(土)~12月28日(金)  9時~17時 入場無料

   ※休館日 月曜日(ただし10月8日と12月24日は開館)10月9日(火)、12月25日(火)